デアゴスティーニ商法作業管理第2弾 46-47日目

1mジャンプ出来るようになりました。

背面飛びしてみました。

ジャンプするためのy座標を求める式は以下の通りです。

y = v0 * t – g * t * t / 2;

ここで、tは時間、gは重力加速度(9.80665m/s2)、v0は初速で、1m飛ぶため4.42869m/sをセットしています。

初速の計算は

√2gh / sinθ (※ルートは2ghの全体にかかります。)

で可能です。hが高さ(m)です。真上なのでsinθは1です。

1m飛びたいならば、2 * 9.80665 * 1 のルートです。

数学大好きです。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です