デアゴスティーニ商法作業管理での130日目作業

今日の作業は「UIの表示が範囲外になる事がある対策」です。

今作っているWebGLライフゲームアプリのUIは、画面が横長の場合はUIが隠れてしまいます。

右側のSIZE、SPEED、COLORのその下の部分が見えていませんね。このUI部分をドラッグしてスクロールする事で、見えない部分を表示する事ができます。

ライブラリなしで自力で作り込んでいます。

で、ウィンドウサイズが変更された時に、場合によってはUIの表示範囲がおかしくなって何も表示されないことがあったため、今日はこの部分を調整していました。

具体的にはスクロールの最大量、現在のスクロール位置を確認して、範囲外には行かない制御ですね。コードにすると以下のような形になります。


if (0 < this.scrollMax) {
    if (this.scroll < 0) {
        this.scroll = 0;
    } else if (this.scrollMax < this.scroll) {
        this.scroll = this.scrollMax;
    }
} else {
    this.scroll = 0;
}

これでUIの表示が消えることはなくなりました!

今日は以上です!

本家デアゴGTR-NISMO箱積状況:4箱 (38号,39号,40号,41号)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です