独創アプリ開発日記 215日目 USBメモリにUbuntu18.04LTSインストール(成功)

今回は昨日のエラーを対処し、無事USBメモリ(3.0)にUbuntuを入れることができました。快適。

事前に「GParted」でEFIシステムパーティション (EFI system partition; ESP)を作っておき、無事インストール出来ました。

具体的には「GParted」で、ESPを作成するUSBメモリ(中身空っぽ)を右上のボタンで選択後、「Device」メニューを開き、「Create Partition Table」をクリック、「gpt」を選択し「Apply」ボタンをクリックします。 次にパーティション作成ボタンをクリックし、

New size:200
Partition name:ESP
File system:fat32
Label:ESP

として「Add」ボタンをクリック、「適用」ボタンをクリックします。

そして作成したESPに対して「Partition」メニューを開き、「Manage Flags」をクリック、「boot」と「esp」にチェックを入れ「Close」ボタンをクリックします。

以上でESPの作成は完了です。

あとは、ESP以外の領域へUbuntu用に「ext4」形式などのパーティションを作成し、そこへUbuntuのインストーラからセットアップを行えばOKです。その際、必ず「インストールの種類」画面で「それ以外」を選択し、「ブートローダをインストールするデバイス:」にUSBメモリーを指定します。

インストール直後のOpenGLバージョンを出力した結果は以下のとおりです。


$ glxinfo | grep "version"
server glx version string: 1.4
client glx version string: 1.4
GLX version: 1.4
    Max core profile version: 4.3
    Max compat profile version: 3.0
    Max GLES1 profile version: 1.1
    Max GLES[23] profile version: 3.1
OpenGL core profile version string: 4.3 (Core Profile) Mesa 18.0.0-rc5
OpenGL core profile shading language version string: 4.30
OpenGL version string: 3.0 Mesa 18.0.0-rc5
OpenGL shading language version string: 1.30
OpenGL ES profile version string: OpenGL ES 3.1 Mesa 18.0.0-rc5
OpenGL ES profile shading language version string: OpenGL ES GLSL ES 3.10

「ソフトウェアの更新」を行ったあとは以下の通りになりました。


$ glxinfo | grep "version"
server glx version string: 1.4
client glx version string: 1.4
GLX version: 1.4
    Max core profile version: 3.3
    Max compat profile version: 3.0
    Max GLES1 profile version: 1.1
    Max GLES[23] profile version: 3.0
OpenGL core profile version string: 3.3 (Core Profile) Mesa 18.0.0-rc5
OpenGL core profile shading language version string: 3.30
OpenGL version string: 3.0 Mesa 18.0.0-rc5
OpenGL shading language version string: 1.30
OpenGL ES profile version string: OpenGL ES 3.0 Mesa 18.0.0-rc5
OpenGL ES profile shading language version string: OpenGL ES GLSL ES 3.00

(σ´Д`) あれ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です