Linux/Windows/Mac共通で、C#によりOpenGL開発が出来る環境を構築

昨日はUbuntu 18.04 LTSに.NET Core SDKをインストールしました。

本日は、この環境へVisual Studio Code と OpenTK.NETCoreをインストールしていきます。

目的は、Linux/Windows/Mac共通で、C#によりOpenGL開発が出来る環境を構築することです。

Ubuntuで構築していますが、今回構築した環境で書いたC#コードはWindowsやMacでも動くはずです。たぶん。動くはずだ。動くといいなあぁ。動かないかなぁ(希望)

1.https://code.visualstudio.com/downloadからVisual Studio Codeをダウンロードします。Linux(.deb)を選びます。

2.端末から以下を実行してVisual Studio Codeをインストールします。


sudo dpkg -i <ダウンロードしたファイル>.deb
sudo apt-get install -f # Install dependencies

3.端末から以下を実行してVisual Studio Code を立ち上げます。


code .

4.C#のプラグインをインストール

左側に並んでいる5個のアイコンのうち、一番下の「拡張機能」をクリックします。(Ctrl+Shift+Xでも可)
“C#”と打ち、表示された「C# for Visual Studio Code (powered by OmniSharp) Microsoft」をインストールします。

5.nugetをインストール

同じく「拡張機能」で “nuget” と打ちます。表示された「NuGet Package Manager」をインストールします

6.OpenTK.NETCoreをインストール

Ctrl+Shift+Pを押して “nuget” と打ちます。リストから「NuGet Package Manager: Add Package」を選択します。
続いて “OpenTK” と打ってリターンキーを押下します。表示されたリストから「OpenTK.NETCore」を選択します。すると、インストール可能なバージョンリストが表示されるので選びます。特に理由がなければいちばん新しいバージョンを選びます。

7.さあ!C#でOpenGL開発が可能な環境が出来ました!作ったコードはWindowsでもMacでも動くよ!

        *'“・* 。 
        |     `*。 
       ,。∩      *  
      + (´・ω・`) *。+゚ 
      `*。 ヽ、  つ *゚* 
       `・+。*・' ゚⊃ +゚ 
       ☆   ∪~ 。*゚ 
        `・+。*・ ゚ 

たぶんね!次回以降は実際にOpenGLのコードを書いて、そのコードがWindows/Macでも動くか検証していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です