パクリアプリ開発日記 80〜83日目 パクらない

アプリの構想は全て決まっていました。マイクラとクラクラの良いとこ取りで、システム詳細までほぼほぼ頭の中で決定済みで、あとは作るだけでした。デザインなどの問題はあるとしても、残りの作業はあまり悩まずに、手を動かし続けていくだけでした。

ですが、あまりやる気が出ません。

終わりの見える作業はつまらないのだと思います。

自分には、プロトタイプ的にアプリを作りながら、随時軌道修正していく方がやる気が出るようです。

というわけで既存のアプリをパクるのはやめて、独自システムをこの4日間考えていました。日記のタイトルになっているパクリアプリの制作ではなくなってしまいますが、題名は変えずにこの日記は続けたいと思います。

★☆★ 次回の作業 ★☆★

アプリのシステムをまとめる。概要としては、浮遊大陸内で進化する生命的なものを育てて、同じく他のプレーヤーの浮遊大陸内で育った生命と戦う感じにします。アプリ「Catama」での自己複製するロジックの個体が、浮遊大陸内で随時動き回り、自然淘汰によりロジックが進化する(詳細は今後決定)ようなシステムを構想しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です