パクリアプリ開発日記 9日目 Unityで玉転しゲーム前半

★☆★ 今回の作業 ★☆★

立方体を12万5千ほど描画するのに、以下パターン1と2でどのくらいFPSに差が出るのか検証したいと思っています。

パターン1.自分でOpenGLESのコードをバリバリ書いた場合
パターン2.Unityで描画した場合

パターン1はすでに実装しましたが、パターン2を実現するために、まずはUnityの操作方法を学ばなければならないため、Unityの玉転しのチュートリアルを行いました。

https://github.com/unity3d-jp/FirstTutorial/wiki

0〜7の全8ページで、そのうち0〜3の4ページを消化しました。

得てしてこういうツールは定型のことを行うのが素早く出来る代わりに自由度/柔軟性を失うものと思っていましたが、スクリプトを要所要所で書けば何でも出来そうで良い感じですね。

これでアプリ起動速度が遅くならず、かつFPSが出れば良いのですが・・・

★☆★ 次回の作業 ★☆★

玉転しのチュートリアルを完成する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。