3日坊主で終わらないためのアプリ開発日記 8日目

吾輩はやれば出来る子である。
    ∩∩
   (´・ω・)
   _| ⊃/(___
 / └-(____/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  • 本日の作業

ロジックパネルの個数化 1時間目(全5時間)

ロジックパネルの個数化作業ということで、とりあえず初回はコードを書かず、作業内容を文書でまとめる。

ロジックパネルは現在、ロジックボードへ無制限に置くことができる。これを所持数以上は使えないようにする。やはりゲームの要素としてアイテムを集めるというのは楽しい作業だと思う。

プレーヤーの所持データとして各種ロジックパネルとその個数を保存する。1種類のロジックパネルは最大99個まで持てるものとする。
昨日のレベルの概念で決定した経験値も一緒に保存する。保存するデータは以下となる。

1.どのロジックパネルを何個持っているか

2.獲得累計経験値

保存データは可変長となる。

将来的に、対プレーヤー戦も見据えて保存データは暗号したり、サーバー上に置くことも考える。

保存処理を担当するクラスを1つ作成し、MainViewクラスに所持させることとする。

大枠の構成として、現在はGameViewControllerクラスがMainViewクラスやGameSceneクラスを生成して制御している。

MainViewクラスはGLKViewを継承しており、OpenGLによりマップやキャラを描画するクラスである。描画パフォーマンスは高いが、制御が大変で作成に時間がかかる。

GameSceneクラスはSKSceneを継承した2Dグラフィックを扱うクラスで、主にジャギーのない綺麗なUIを描画するクラスである。描画パフォーマンスは低いが、簡単なコードで素早く作成することができる。

場面に応じて、適材適所でMainViewとGameSceneを切り替えて制作を行う。

  • 明日の作業

ロジックパネルの個数化 2時間目(全5時間)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。