独創アプリ開発日記 280〜281日目 次回作のアプリ企画確定

次回作のアプリ企画が確定しました。いや、会社じゃなくて個人開発なので別に会議とかで確定したわけではないのですが、私の頭の中で確定しました。10年くらい悩みました・・・がやっと決まりました。

以下、確定したアプリの仕様を大まかに箇条書きします。

・アプリを起動したユーザはマイクラのような3Dマップのフィールドに全員降り立つ。1億人いても全員同じフィールドに降り立つ。フィールドは世界地図を基にしたもので、とても広い。

・どこでもいつでも誰にでも攻撃できる。全員相手の超巨大PVPである。

・レベルはなく、防具や武器などのアイテムを装備することで強くなる。

・他のプレーヤーを倒すと、所持品を全て奪うことが出来る。

・ラグを無くすために、ターン制バトルとする。ターン制と言っても全員相手なので、特定時間が経つと全員のターンが同時に来る特殊ターン制である。

・ゲームをプレイしていなくても、プレーヤーのキャラはサーバに24時間居続ける。ターン制なので特定時間毎に操作すれば一方的に他のプレーヤーにやられることはない。また、この”特定時間”が結構長いので問題にならない。

・この世界には”壁”や”扉”や”罠”のアイテムがあり、フィールド上のどの場所にも置くことができる。自分を”壁”や”扉”や”罠”で囲うことで他のプレーヤーから身を守ることができる。

基本は以上で、以下は様子を見ながら、調整しつつ追加実装出来れば良いと考えています。

・アイテムは、自分の”陣地”で製作することができる。陣地内では、他のプレーヤーによる”破壊活動”を受けない。製作に必要なお金は自分の陣地の広さが大きければ大きいほど多くもらえる。陣地を広げるための壁や扉も陣地の中で生産できる。

・プレーヤーは、”ボット”と呼ばれる自動で動く機械を所有し、自分の陣地を警備させることができる。

・”ボット”は、プレーヤーがアプリを立ち上げていなくても、サーバ上で24時間勝手に動く。

・”ボット”は、他のプレーヤーやボットとの攻防を繰り広げているうちに、その動作ロジックが進化していく。

・”ボット”は、他のプレーヤーと売り買い出来る。

全員同時参加型のPVPということで、技術的には、サーバをスケールアウトして、ボトルネックなしに処理能力をサーバ台数に比例して線形で増加させていける仕組みにしたいと思います。

プラットフォームは、アプリの性質と、慣れているという理由でiOSで作りますが、大部分をC++で実装してゆくゆくはSteamでマルチプラットフォーム対応したいと考えています。

明日の予定:

自分の頭をスケールアウトする。

   _┓_ 
  ‹‹ ( ´ ω ` ) ›› 
  =〔∪ ̄ ̄〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。