.NET CoreでSystem.Drawingを使う mac編

OS Xにおいて、.NET CoreでSystem.Drawing配下のライブラリを扱う方法を記述します。
OpenTKにおいて、テクスチャなどを扱う際に必要だったので・・・

まずは、X11をインストールします。ここからdmgをダウンロードしてインストールします。

インストール後はシンボリックリンクを貼っておきます。


ln -s /opt/X11/include/X11 /usr/local/include/X11

VSCodeを立ち上げ、Shift(⇧)+Command(⌘)+Pを押して “nuget” と打ちます。リストから「NuGet Package Manager: Add Package」を選択します。※NuGetインストール済みを想定

続いて “System.Drawing.Common” と打ってリターンキーを押下し、「System.Drawing.Common」を選択します。すると、インストール可能なバージョンリストが表示されるので選びます。特に理由がなければいちばん新しいバージョンを選びます。

次に、ターミナルからlibgdiplusをインストールします。事前に色々な依存ライブラリを入れてから、ソースを持ってきてメイク&インストールです。エラーやワーニングが出るかもしれません。柔軟に対応する必要があります。


$ brew install autoconf 
$ brew install pkg-config 
$ brew install readline 
$ brew install automake 
$ brew install gettext 
$ brew install glib 
$ brew install intltool 
$ brew install libtool 
$ brew install cairo
$ brew install jpeg
$ brew install libtiff
$ git clone https://github.com/mono/libgdiplus.git
$ cd libgdiplus
$ CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/libpng12/include -I/opt/X11/include" LDFLAGS="-L/usr/local/opt/libpng12/lib -L/usr/X11/lib" ./autogen.sh
$ ./configure
$ make && make install

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。