独創アプリ開発日記 39日目

先日作成したMP4無劣化結合プログラムにより撮りためたドライブレコーダーのデータを調子よく処理していたのですが、今日はなぜか変換に失敗しました。

注意深く変換に失敗したファイル名を確認してみると、鉤括弧”[“と”]”を使っているファイル名で失敗しているようです。

とりあえず処理前にファイル名の鉤括弧を別の文字に変更すれば対処出来そうだったのでそうしました。

本来ならば、どの処理で、どんな理由でプログラムがエラーになっているのか特定すべき!と言う人がいるかもしれません。しかし、プログラムのバグは様々で、どんなことが引き金になってエラーになるかはわかりません。また、仮に真面目に対処してノウハウを身につけようとしても、ある程度頻繁に起こるバグならともかく、レアケースのバグを対処したところで将来役に立たない可能性は高いです。技術が進歩してプログラムの仕様もどんどん変わりますしね。

プログラムは無機質で、完全に同じ動作しかしないと言うイメージがあるかもしれませんが、最近私はプログラムは生命のように曖昧でブレ的な部分があるのではないかと思ってきました。OSSの様々なソースを組み合わせたシステムは本当に予期しない動作をすることがあり、良い意味で「いいかげん」に扱うべき場面があると感じています。

と思ったら、これはPowerShellの定番のエラーで、頻繁に起こる現象みたいです。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1097548105

能書きの前にちゃんと普通に対処すればよかっt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。